Hawke’s Bay の教育

質の高い教育は、ニュージーランド社会の基盤であり、Hawke’s Bay の学校では、幅広い分野の学問の提供とともに、スポーツや芸術活動に参加する機会を提供しています。学校は、最高の教育を提供することに焦点を置き、学生が将来いかなる困難も克服できるよう、素晴らしいスタートを与えています。学校には、男女別学校、男女共学校、公立校、宗教校、非宗教校などの選択肢があります。時間割は科目によって調整され、幅広くバランスの取れたカリキュラムで学習します。すべての学校は、午前9時から午後3時までの授業時間の後に、オーケストラ、舞台、音楽、ダンスグループなど幅広いスポーツや文化活動を提供しています。

 

 

 

 

1年生~10年生(5歳から15歳)は、必修科目のカリキュラムといくつかの選択科目、11年生~13年生(16歳~18歳)では選択科目のカリキュラムで学習します。高校教育の後半に近づき、生徒の将来の方向性や職業に関するアイデアが明確になるにつれて、より大きな選択肢を提供します。学校は、11年生-13年生の上級生の様々な能力や希望を考慮し、将来の勉強や職業の機会のためにしっかりした進路指導を提供しています。

 

生徒は、学校が提供する科目の選択肢の中から、各自のニーズに応じた多様な専門科目の選択が可能です。カリキュラムは、各教師の専門性を活かせる柔軟性があるため、生徒やコミュニティーのニーズに合わせて個別に学習内容を調整できます。
ニュージーランドのカリキュラムには、8つの学習分野があります。英語、数学・統計、科学、社会科学、保健体育( 自分自身と周囲の健康のため )、ダンス・演劇・音楽・視覚芸術を含む美術、技術およびマオリ語・中国語・ラテン語・スペイン語・フランス語などの言語が含まれます。

 

カリキュラムは、優秀、改革・探求・好奇心、公正、社会奉仕、環境配慮、誠実、尊重という7つの価値の核から成っています。

pic
「 色々な課外授業に参加できて、学校生活は本当に楽しかったです。私にとって新しい経験でした! 」
pic pic pic
NCEA試験システム

ニュージーランドの高校は、ニュージーランド資格審査局(NZQA: New Zealand Qualification Authority)が総括する、全国統一高校教育認定資格試験 ( NCEA: National Certificate of Educational Achievement) というシステムを採用しています。

この資格試験(NCEA)には、11年生( 通常15歳)で取得する レベル 1、12年生(通常16歳)で取得するレベル2、および13年生(通常17歳)で取得するレベル3の計3レベルが設けられています。国の監督下において実施される校内試験と、年末に実施される全国一斉試験の成績を混合して採用します。

大学入学要件には、数学と英語の合格を含む各種条件が設けられています。

pic

ニュージーランドの教育

ニュージーランド教育システムの詳細は、New Zealand Education ThinkNewをご参照ください。

留学生のサポートをします。 私たちは、留学生の健康、福利厚生を最優先に考えています。教育省は、(留学生の生活保障としての)教育に関する服務規程を定めており、学校、教育機関、留学エージェントは、これに同意し遵守することが義務づけられています。これに定められた責任の一つは宿泊施設の手配です。宿泊施設には、学校併設の学生寮や豊富なホームステイがあります。

私たちが誇りに思う、安全で友好的で多様な文化を持つこの地域で、素晴らしい経験が待っています。 ホークス・ベイでお会いできるのを楽しみにしています。